上手な切手の分類、保管方法のポイント

テーマに合わせて分類し切手アルバムに整理整頓

切手収集は趣味の一つとして日本で定着しています。中には希少価値のある切手もあって、高価買取も期待できます。しかしせっかく高く売れる可能性がある切手も、保存状態が悪いのでは問題があります。そこで切手の管理方法には気を配る必要が出てきます。
切手の分類方法としては、描かれているテーマに沿って切手アルバムなどに保存する方法があります。切手には人物や乗り物、あるいは植物などのように、描かれているいくつかのモチーフが存在しています。その種類に沿ってそれぞれの切手を整理整頓していると、切手を見返す必要がある際にすぐに目当ての切手が見つけられます。普段の整理整頓ができていれば、切手を無駄に傷める事もありません。

紫外線を避け涼しい場所での切手保管が適切

切手の価値を損ねないためには、保存方法の重要性が高いです。切手は素材が紙でインクにより印刷されているため、紫外線による悪影響を受けます。紫外線はインクの色素を退色させて価値を下げてしまいます。このことから切手の保管方法は、直射日光が当たらない場所が向いています。
その他にも、高温多湿な場所は切手の保管には向いていません。風通しがよく涼しい場所で保管するよう心掛けると、コレクションしている切手の価値を維持し買取で有利になります。定期的に切手の状態をチェックし、傷みはないかどうか確認するとより確実です。コレクターが知らない間に何らかの原因で切手が傷んでいる事も多いため、被害が大きくなる前のチェックが欠かせません。